FrontPage 新規 編集 検索 一覧 ヘルプ

JE2TLZ05

衛星通信までの長い道のり・・  目次

一年間を振り返る 2006/8/17

お盆前でちょうど再開後一年間だったので、振り返って集計してみました。

交信件数
8月9月10月11月12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 計
1524486817615494137136142195233571479
最初はなかなかQSOできず忍耐の時でした。
当時と今でも装備はそれぼど変わっていないので、ノウハウの蓄積が大きいと思います。
11月から移動運用を始めたのも大きく影響しています。
また、アンテナが少しずつ良くなったのも有るかも。

衛星別QSO数
AO-51SO-50AO-27VO-52FO-29ISSAO-728MHz
697404193946915341479
やっぱりAO-51が一番多い。
だが、QSOできた順ではVO-52→AO-27→SO-50→AO-51→FO-29で、UPしやすい順?でした。

衛星エリア別QSO数
1234 567 8 90DX
5681251651111518549132210321475
やっぱり9、8、5エリアが少ない。
QSO数なのでアクティブ局が居ると増えています、DXはできたか?のも入ってるので局数は少ないです。

交信局数、130局で、逃した局も沢山あります。
WAJAは依然40県(残7県)です。お盆に移動サービスが有ったようですが、ほとんどCWだったので減ってません。(自分も長野に行ってたし)
JCCは判っているので85市でまだまだです。

最近、気になる事ですが、VO-52がCWで飽和してSSBがスイッチングされるように聞こえる時が多いのです。
聞いてみるとパイルアップを呼ぶのにパワーを入れすぎているようです。
私はVO-52は5W+3eleですが、ほとんど大丈夫です。
相手は有限の衛星ですからパワーは抑えて末永く使えるようにお願いしたいと思います。

<コメント>

SSB衛星の移動運用 2006/8/15

SSB衛星の移動運用やってみましたが、FM衛星とは違う難しさがありました。

FM衛星SSB衛星備考
リグハンディ*2+AMPTR751+FT817用意する物が多い
アンテナ手持ち三脚固定偏波調整できないが大丈夫だった
電源小型Batt車から車から離れられない
セッティング数分≒20分
ドップラー補正受信のみ送受を手動やはり難しかった
受信スケルチ空ければOKプリアンプ必須無いと自分のDownが判り難い
UPしやすさ上がり難い時あり概ねOK

アンテナは八木の垂直*2(スタック風)と同一ブームCQ+Loopを試してみたが、八木の方が距離が離れるためか、かぶりが少なかった。CQ+Loopでは90度ずらさないとかぶりが大きかったです。
金属の三脚の影響も心配したがSWRが僅かに悪化した程度で実用上問題ありませんでした。
また、ノートPC(MP-XP5220)がBatt駆動で大きなノイズが出ることが判明。14日の移動はPCoffでやっていました。

今回はアンテナ、ヘッドフォンケーブル、プリアンプにトラブル続出でしたが、予備を持って行ったので助かりました。
それなりに良く準備をしていけば、十分できる事が判りました。もう少し工夫の余地もありそうです。

JA0RMP復活 2006/8/14-15

コールサインはJA0RMPでした。
8/13 FO-29 3QSO 伊那市 前半ちょっと変で、なぜか相手も少なかったがなんとか。
   FO-29 6QSO 駒ヶ根市 前半Downが判らず苦戦するも後半持ち直して。写真komg0598s.jpg 
   AO-51 常置場所、下伊那郡豊丘村。ONでよかった。
   SO-50 北は良いが東や低いパスはNG。
8/14 AO-51 9QSO 上伊那郡中川村 通りにくかった。
   SO-50 皆さんVO?なぜか、入らず NoQSO。
   FO-29 9QSO 飯田市、PCもoffし全部マニュアルでやって見たが割合できた。
   AO-51,SO-50,VO-52 常置場所
8/15 AO-51,SO-50 常置場所、午前は農薬散布のノイズ多くVOはNG

計88QSO,32局でFM,SSBに出ておられた方とは概ねできて、地元コールのサービスは出来たかと思ってます。
QSLカードはJARL転送を申し込みますので、普通に書いてビューロでOKです。
正月などまた長野県内にいったらこのコールで出ようと思います。

行きと帰りにも途中で出ようとしていたのですが、渋滞で時間に遅れたりなかなか良い場所が無かったりで駄目でした。

また実家の電話がモデムに繋がらなくてNGだったので、電気屋の展示PCを借りてHPに速報を入れてました。
NTTのホームテレホンでしたが、なぜだろう?調べて見ないと。

むこうは日影や夜が涼しくてクーラー要らずでした。こっちの蒸し暑さが身にしみます。

<コメント>

昔のコールで出てみます 2006/8/8

もうすぐ、再開局から一周年です。
ちゃんと一年続いた事と、お相手いただいた皆さんへの感謝をこめて長野県の地元コールサインでの運用を予定しています。

長野県の地元局はまだQSOした事が無く、とても少ないようなので皆さんにも貴重かと思ってます。
開局当時のコールサインは一時切らしていたのですが、再割り当てが始まった時に実家の住所で申請して保存してあったのです。QRVはほぼ四半世紀ぶりになります。

運用日は実家に帰省するお盆の3日間程度です。お盆は平日だから仕事で出れない人も多いかな?
AO-51が13日までoffだったり、SO-50の時間もいまいちで長野県内の移動があまり出来ないかもしれないのが残念です。(AO-27が復帰してくれれば・・・)

SSB衛星にも出ようと思ってます(SSBonly)が実家は東側が難しいのでパスの一部しか通らないかも知れません。
移動でSSB衛星に出れるかは、よく判りません??

コールサインは出てからのお楽しみということにしておきます。
またQSLカードは後日、JARL転送を設定しようと思ってますが、QSO局が少なかったらダイレクトで送るかもしれません。

<コメント>

WAJAまであと7県 2006/8/1-2

QSLカードの入力ついでに、WAJAの集計をやって見ました。
ログにQTHが入れてないのも多かったのですが免許検索で概ね調べてみたら、
未交信は、秋田,山形,福島,茨城,福井,島根,高知,佐賀,沖縄、どうにか一桁になっていました。
WAJA List sat_waja.txt

もうすぐ再開1年ですがFM,SSBのみでCWに出ていないのでこのくらいです。これからが長そう。
(相手の移動先が未記入なQSOもある、もしかしてタナボタ・・・は無いか。)

8/2、集計早々JR8PXO/1茨城県移動と出来ました、TNX。
  QTHメモして無かったのですが島根県はQSOしていました。コメントTNX!

<コメント>

QSLカード到着 2006/7/31

再開3回目のQSLカードがビューロから着きました。
今回は一番多くて70枚もありました!昨年の夏から年初のが多くて再開したころのがやっときた感じです、でも中には今年の5月の分もありました。ビューロも少しずつ改善されてるかな?

ja1gzk,jh1cxz,je1fqv,jm1lqw,jn1vnw,ja2joj,jk2xxk,ja3ho,ja3cir,jh3xcu/1,ji3oqo,js3osi,jj3jhp,jh4pqm,je4qgf,je4smq
,ja6pl,jh6wfv,jf7bkn,jr8wws,jh0pvf,7k4vpv,7n4avw,7n4obv,の各局受け取りました、ありがとうございました。

こちらも一週間ほど前に発送済みです。これも今までで一番多くて100gぎりぎりでした。

ここへ移動しました 〜2006/8/5

これまで移動運用した場所をGoogle地図にプロットしてみました。衛星写真もなかなか良いです。
移動地のリクエストアンケートを始めました。気軽に投票してください、今後の参考にします。

地図の中心が移動運用地です。ただ、思い出してプロットしたので若干のずれがあるかもしれません。

<コメント>

Lモード通った〜 2006/7/19-23

3日目にしてやっと1.2GHz UPハンディ1W+自作9ele八木でLモード、初QSOに成功しました!
(ケーブルはRG58CU 60cm)
外にノートPCを持ち出して方角とドップラーを見ながら5kHzStepで合わせていたら、
弱いながらループが聞こえてQSOできました。
9ele八木は垂直から少し傾けた位が良いようで、方角も微妙に合わせないと通らなくなる感じでした。

ほんとに1Wで届くんですね、ちょっと難しいけど何とか出来て喜んでます。

7/20・今日も3QSO出来ました。仰角はある程度(15度?)上がらないと難しい感じで、お手数掛けました。
   また、西パスでしたが偏波はかなり傾けて水平に近い所が良い様でした。

7/21・もっと良く比べる為に見通しの良い所へ移動してみた。3QSO
   1Wでも仰角が上がればしっかりUP出来たし、LOSぎりぎりでも何とか通った。
   しかし、他と重なるとやっぱり駄目だったので混んでくると難しいです。

7/22・何と4eleLoopANTでQSOに成功しました! ケーブルはRG58CU 33cm 1+4QSO
   ハンディの電源をNiMh6本から12Vに変えて出力が少し増えてると思いますが。(推定0.9W→1.2W位?)
   ビームの鋭い9ele八木でずれぎみになるのならブロードな4eleLoopでも同じくらい届かせられるのでは?
   と考えての事です。

7/23・9ele八木でやってみたがVUでもやり難い天頂パスはやはり難しい。2QSO
   東パスmax10度にハンディ+4eleLoopで場所を選んで挑戦。4QSO 十分にできた!

 それにしても違法不法電波でUPの難しい145MHzと比べると1.2GHzUPは何とすばらしい事か!
 小さな出力とアンテナでも場所とタイミングさえ良ければ十分QSOできるのですから。

<コメント>

パラオとAJD 2006/7/18

パラオのT88ORとAO-51でQSO出来ました!
久々のDXです。昨日、一昨日も聞こえていたのですが、UPが通らず無念でした。
実質17日までという事だったのであきらめていたのですが、出てくれて感謝です。
今日はタイミングを見て自分のコールだけ言ったら採ってもらえました、HiPower、BigANTでなくても出来る!
(と言いつつHSも何回か聞こえてるけど、なかなか出来ないなー)

また週末はXXK/9とQSO出来て、11ヶ月かけてやっとAJDです。(WAJAははるか彼方)
CWやってないと時間がかかりますね。

また、2ヶ月ぶりのLモードにUP1Wで挑戦してますが、こちらはなかなか届かないようです。
弱い信号が聞こえたらよろしく。

<コメント>

CubeSAT 3周年 2006/7/9

CubeSAT、CUTE-IとXI-IVが3周年を迎えた、あれ以来ブームと言えるくらい多くの大学がCubeSATにとり組んでいる事を考えると先駆者となり、いまだに動き続ける衛星を作った東大と東工大の関係者はたいしたものである。

祝福をかねて受信レポートを送ろうと、久しぶりにXI-IVとCUTE-Iを聞いてみた。
XI-IVはこんなに強かった?という位で問題なく受信。
しかし、CUTE-Iはなぜか周波数が数KHz低い?し思いの他、早く聞こえなくなった??

とりあえずレポートは送ったが、某局から軌道要素は大丈夫?とご指摘いただいた。
で、良く調べてみたら、CALSAT32の計算モデルがSGPだと、SGP4に比べ数分遅く出る事が判りました。
今までSGPとSGP4は大差はないと思ってましたが、衛星によっては大きな差となる事が判りました。

今夕のパスで確認し顛末と正しいレポートを東工大へ送りました。

ベランダアンテナを北に向ける 2006/7/8

ベランダに設置したアンテナは東南東〜西〜北西までカバーしています。
なので、東パスは1/3、西パスは2/3しか利用できません。
今まで東や北はベランダとは反対方向なので難しく、無理かと思っていました。

最近ふと見ていたらベランダは屋根より30cmほどせり出しています。(気がつくのが遅い・・・)
ポールを伸ばせばぎりぎり屋根の上に出せて北に向けられることに気がつきました。

ポールは昔、移動用に使ったアルミ伸縮ポールが良さそうで、約+2m伸ばせば屋根の上です。
アンテナをスマートに付けるにはとホームセンターで物色したら水道用のヒシパイプVP20とジョイント20-25がぴったりでした。
普段、ベランダに設置したままだと目立つし雨に濡れるので、ネジを切って簡単に着け外して引っ込めるようにしています。
さらに仰角を付けるのもイレクターパイプのプラスチックジョイント(J-42、17度)を使ってみました。
ジョイントは丸なのでブームの角材を削って木ネジで止めています。
ケーブルは3.5D-SUPERで以前の2.5mから4mに長くなって少々損失が気になりますが。

とりあえず、AO-51やVO-52のパスの途中で変えて北東に向けてみたら効果は絶大で1stの局ともできました。
上げた状態で回転できないのが難ですが、これでアラスカやハワイへ挑戦できるかな?
北に向けたアンテナANT00581.JPG

PS.北東が思ったより強力に入るようになりました、屋根から数十cmも出ていないのに反射がうまく作用している?

<コメント>

英語のページとQSLカード 2006/6/19

海外の某局から、ホームページ見てループアンテナに興味があったけど、日本語なのが残念。
というメールが来たので、とりあえず英語のページを作ってみた。
重要な点は盛り込んだつもりだが、翻訳ソフトに頼ったので表現が変かもしれない。判る方は教えてもらえると助かります。

約一ヶ月分のQSLカードを作成しました。4QSOまでまとめてるとはいえ今月も約40枚、定形外100g以内になりました。
衛星はカードが減るのが早いですね、秋から年末に掛けて着くと思います。

QSLカード到着 2006/6/4

ビューロから2回目のQSLカードが届きました!
ja1cou,ja1xcz/4,ja2nlt,ja3fwt,jh3djx,jj3jhp,jr3kqj,jh4mgu,ja6bx,jr6lde,jq6rzy,jr0efe/1,7l3aeo
各局ありがとうございました。
昨年の8月〜今年の1月始めのQSOだったので、早くて中4.5ヶ月、中半年〜9ヶ月は普通みたい?
(はぁ〜、昔のDX並みだ、まだ滞留してるのあるだろうな)

AO-7に挑む 2006/5/22-30

AO-7は機能停止後、20年以上たってから奇跡的に復活した衛星で145MHzビーコンは聞いたことがありましたが、Mode-A(145MHzUp/29MHzDown)でのQSOは受信が厳しいと言われているので、ダイポールでも作ってからと思って試すのが遅れていました。
N3LQ局から2.3mのホイップでもQSOできたという話があったので、昔、移動で使っていたホイップ(185cm長)をベランダから少し斜めに取り付けて試していました。

金曜日にはCWが受信できたのですが、土日はNG。やっぱり厳しいか?
ところが月曜夜の東パスではいきなり強力なCWが入感。建物の影に入ってもよく聞こえます。(29MHzだから回折する?)
CWばかりと思っていたら、PVFさんがSSBに切り替えてCQを出し始めたので、145MHzアンテナを出来るだけ北側に向けて、だめ元で呼んでみたらQSOできちゃいました!(ループ確認も未だだったのに?)

パスはmax51度ですが、いつもより強かったらしい。
145MHzも回折?反射?それも不思議でした。ありがとうございました。

PS. その後、何回かAO-7の信号を確認できたがあの時より弱く、ループもかすかにわかる程度でQSOは出来ていません。衛星のコンディションに依存するようです。(2局目できました。)
また28MHzでEスポが出ていたので呼んで見たところ鳥取のMGU局はじめ広島、北海道と出来ました。さすがに10W+ホイップではS3位弱いレポートでしたが、ベランダ設置でもそれなりの性能はでているようです。

<コメント>

続、AO-27は今 2006/5/17

連休中は復帰していた、AO-27が先週からまたOffして週末も使えませんでした。
これに関してAMSATのAO-27ページにコメントがありました。
「バッテリが低下してスケジュールオフしているが、寿命が近づいているサインでは無い。」とのことで、
日照が改善すれば復帰するらしい。(英語は苦手なので正確な意味が??)
とりあえず気長に待ちますか。

PS.考えてみると低軌道衛星で食(日照が悪くなる)というのが良く判らない??のでした。

<コメント>

TR-751のリストア 2006/5/8

自作、リストアへ

C620をリストア 2006/5/1

自作、リストアへ

AO-27は今・・・ 2006/4/29

AO-27が先週の金曜日から停止してしまった。
古い衛星で運用は北上6分のみだったが、先々週までは快調で不法局の信号までばんばん中継していたので突然な感じです。
AMSATのSatellite StatusもSemi-Operational、Non-Operationalになっています。でも、平日にQSOできたという報告もあったので、あきらめずに14:36のPassで試してみました。

時間になっても中継前のデジタル音は聞こえませし、音声も入りません。
しかし、スケルチを空けてアンテナを廻していると衛星の方向に僅かなキャリアを感じます。
さらに何回か試していたら16:42ごろに自分のループを聞くことが出来ました!やはり、まだ死んではいなかった。
信号は以前よりやや弱く、ちょっと切れ切れで電源ハムが載ってる?やや汚い音でしたが、はっきり聞き取る事が出来ました。
相手がいればQSOできていたと思います。

さすがにバッテリーが劣化してきたのかも知れません。使いやすく移動に最適でお世話になった衛星なので、何とか回復を願っています。
AO-51も昨夜に突然、停止して心配していたが、コマンド局が操作してくれたのか10時のパスでは直っていました。やはり手の届かない衛星は難しいですね。

<コメント>

移動の装備 マルとバツ 2006/4/16

移動運用に使ってみて良いと感じたもの、駄目だったものです。

プリアンプ(写真は下の方)
C710は感度が良いので無くても良いかと思っていたが、使うとドップラーずれに強くなる。またC710はノイズがうるさいが使うとスケルチ入れてても支障ないのも良いです。

アダプターキャップ(別名?、日焼けけぼうし)
オーストラリア製の帽子で、夏の日焼け防止にもってこい!で役立ってた。フードを口元まで持ってきてヘッドセットごと覆うと、強風時にマイクに入る風音が減っていい声でQSOできました。

adapt-a-cap.png

× VOXセット
オークションにメーカー純正のVOXセットが出ていたので買って使ってみましたが、切り替えにディレーがあっていまいち。PTTSWで操作した方がすばやく出来て良いです。

× 片耳のヘッドセット
メーカー製のヘッドセットは片耳の物が多いが、やっぱり両耳の方が聞きやすくコールサインも良く取れます。秋葉原で買った500円のPCヘッドセットを改造して使ってます。

<コメント>

Drake2880改 IF回路図とショートスタブ 2006/4/5-9

自作、リストアへ

ビューロからQSLカードが来た。 2006/4/4

10年ぶり?にビューロからQSLカードを受け取りました!
jn1vnw,jo1fef,jh1ekh/7,je1fqv,ja2nlt,jg3doc,jh3xcu/1,jl3ouw,ja4gva,jr6lde,ja7mj,7l3aeo,7n4avw,
各局ありがとうございました。こちらのカードで記入不備があったら再発行します。

ビューロは先入れ先だしが十分に行われて無いようで、8月〜10月や11月はじめのQSOもありました。
それにしても中7ヶ月もかかっています、大丈夫なのか心配になります。
という事もありJARL選挙、委任状も何年ぶりかでまじめに記入しました。

<コメント>

Drake2880 2.4GHzの改造 2006/4/1

自作、リストアへ

ANT取り付けの改良と、2.4GHz,1.2GHz 2006/3/26

ベランダのANTポールは衛星放送用の取り付け金具を流用していました。差し込むだけで簡単なのですが、けっこう大きくてベランダの手すりから10cmくらい内側にに来ており、物干し金具が邪魔で北西側に向け難くなっていました。

衛星放送用の金具をベランダの外側にする事も出来ますが、階下に不安感を与えかねないので、下の写真のようにベランダ内側でぎりぎりになるようにUボルトと延長金具に変更しました。
写真ANT00557s.jpg

これで今までより15度くらい北西側へカバー範囲が広がりました。東南東〜北西が実用範囲です。それ以外で出ているときは移動用設備です。ちなみに、板と紐は手動ローテーターで引っぱて向きを変えています。

2.4GHz
自宅から南西方向は開けているのに、JA2IGYビーコンが受信できない。カシミールで調べると100〜200mの低山に引っかかっている模様。2.4GHzは見えなきゃNG?ならばと見通しとなる数Km先の河川敷まで移動したら受信できました。
2424.82MHz→168.82MHz MC-251R(BPF改)+C710
シングルループ S1、10ターンヘリカル S5(ちゃんとGainがあった)
オークションで入手した2880改造品 S3〜4(僅かに劣る感じ、何が違う?)
 1.2GHz
日曜に屋外で聞いても誰も入らない。(使用区分無視が多い430MHzとえらい違いだ)
ビーコンも停波しているようで、ならばとレピーターを調べると近くの安城、刈谷のほか三重県にもアクセスできました。
製作した9eleYagiを確認したかったが、ベランダではホイップとの差があまり出ない?

PS.今週も移動運用に出かけたが、ケーブル忘れANTケーブル断線でQRVできず。失敗してしまいました。

<コメント>

QSLカードが来ました。 2006/3/22

衛星通信で再開してからもうちょっとで8ヶ月ですが、ついにQSLカードが着きました。

なんと衛星最初のQSLカードは、タイのHS5IGY局です!Hi。Airmailで送ってくれてSASEの封筒と返信券まで入ってました。こっちからも既に送って有るんだけど、着く前に出したのかな?
QSL_hs5igy.jpg
それにしても、ビューロは遅い・・。大丈夫かな〜。

1stQSO局とHAM journal 2006/3/4

どういう訳か最近は、VO-52やFO-29のSSB衛星の方が、FM衛星より1stQSOの方と出来ています。
自分の信号は弱い事が多いし、まだ周波数あわせに苦労してるので、拾ってくれる相手局に感謝です。
現在、92局となりました。2ヶ月で+22局増えました。

また何十年ぶりかで、HAM journalを買いました。Amazonとかには無いし、本屋に聞いたら2週間かかると言われましたが、CQ出版のページを見て幸田町のHAMshopに頼んだら3日で来ました。この方法が良いようです。
キュビカルクワッド特集という事で期待したんですが、バリエーションとか理論などが、ちょっと足りなく感じました。
やはり、アンテナハンドブック+MMANA+NEC-2 for MMANA以上の参考書は無いかもね。

Cute-1.7+APDを受信しました。 2006/2/24

先日、M-Vで打ち上げ成功したCute-1.7+APDですが、平日で時間が合わずなかなか聞けなかったのですが、ようやく受信できました。(XI-Vの時は夜間のパスが有ったのですぐに受信できた。)

06/02/24 07:26-:30 JST、06/02/23 22:26-:30 UTC
07:26 437.384MHz〜07:30 437.375MHz

時間は東工大の軌道要素どうりで、3度と低い仰角でしたがCWビーコンはしっかり聞こえました。
CWのスピードはゆっくりでしたが、モールス忘れてしまったので内容はわかりませんでした。
周波数は発表より2-3KHz低くなっており、ドップラーの変化も大きく手動で追いかけるのが大変でした。楕円軌道の近地点で速度が早いのだろうか?

受信報告のMapページに載りました。TNX! Cute-1.7 + APD Project

西マレーシアとAward 2006/2/19

ついに西マレーシアのあらいさんとも出来ました!何回もトライしてなので、とてもうれしいし、弱い信号をピックアップしてくれて感謝です。

「The AMSAT 51 on 51 Award」が来ました。ビューロのQSLカードはまだ来ないというのに・・・

<コメント>

プチ移動してます 2006/2/5

このところ毎週、移動運用をしています。(風が強くてパラができないから?)

移動運用と言っても家から30分くらいの所ばかりで、装備も手持ち八木にハンディ+AMPで電池もすべて入れてバッグに納まるという軽装です。(FM衛星のみなので)
電源は12V2.2A鉛Battと電池です。衛星は短時間なのでOK。電源は車から取る事もできますが、車の脇で運用出来るとは限らないので、持ち歩けた方がGoodです。

装備一式Rig00532s.jpg(バックの中にBattとAMP)これを首から提げてRigを見ながらやってます。
また場所も帰りが楽な、市の境界ぎりぎりで田んぼとか開けている所から出ています。

衛星は東廻りのAO-27が通りやすくて好きです。
SO-50は誰か出て居ないと信号が取れないのでちょっと追いかけ難い感じです。でも空いてるのは良いですね。
AO-51も東廻りの低いパスは通りやすいのですが、時間が合わない・・・

10W+3ele八木だと固定局と重なると負けるので、最初の1.2分はワッチしてコールサインをメモしています。で切れ目を見て呼ぶと、次々呼ばれても対応が楽なので。

今日はタダになった三河湾スカイラインに行って見ました。家から見える山の上で直線6-7Kmです。
行ってみたら料金所は既に撤去されていましたが、見晴らしの良い駐車場まで柵で閉鎖され入れなくなっていました。不法投機の対策か?(そこまでやらんでも良いと思うが?)せっかくの眺望がもったいない。<br>遠望峰駐車場には歩いてなら入れましたが、今日は風が強くすごかったので別の風が弱いところから出ました。ちょっと下がった所でしたが、AO-27の6分には問題ありませんでした。各局QSO TNX。

今年の移動した所 飯田市、下伊那郡、高浜市、刈谷市、碧南市、豊川市、蒲郡市、PS.西尾市
 30分ほどで行ける市はだいたい行ってしまいました。次はどうしようかな?
 もう一回ココへとか、リクエストも歓迎します。すぐに行けるとは限りませんが。

<コメント>

プリアンプを改造 2006/2/3-13

自作、リストアへ

フィルター付きプリアンプを製作 2006/1/22

自作、リストアへ

周波数計算ソフトをVerUPしました 2006/1/19-2/2

自作、リストアへ

AO-51がアナログoffする前にタイ国の局と交信できました!今までで一番のDXです。
妨害も少なかったし、AO-51がHiPowだったと良い条件に恵まれました。
PS.AO-51は今、SSBupモードになってますが手動はなかなか難しい!SO-50の時間も早くなって、QSO数は激減してます。

ISSレピーターと今年のまとめ 2005/12/29-31

先日、国際宇宙ステーション(ISS)から宇宙飛行士のQRVが有りましたが、聞いただけで交信は出来ませんでした。一回目はスプリットなのでタイミングがとりずらくNG。2ndTryは早起きして聞いていたが、寝ぼけてCQを聞き逃したらしい。

また昨日からISSのクロスバンドレピーターがONされたようで、初めてこれを使って交信を試みました。Downの信号は強力でアンテナが向く方向ならフルスケールで入ってきますが、UPが通り難くFT-817の5Wでは無理か?とも思えましたが、3回目のTryでドップラー補正を合わせた所うまく行きました。

振り返ってみると、8月中旬に再開してから当初は少ししか出来ず忍耐の連続でした。でも、ループアンテナを作り固定用として、八木アンテナとハンディTRで移動や家の反対側から出るようになってから交信数もどんどん伸びてきました。(変な人に見られてるだろうな・・・)
さらに免許を20Wに変更して、トランシーバーの調整で10W→15WにUPしたのも多少効いてるかも。

QSO数月別8月9月10月11月12月衛星別AO-51AO-27SO-50VO-52FO-29ISS
152347681753291635849311612

(VO-52とFO-29はSSBは少数派なのでCWに出ればもっと伸びそう。)
移動運用したのは、飯田市、田原市、安城市、西尾市、知立市、豊川市、豊橋市、蒲郡市の8箇所。
一回のパスでは10QSOが最高で、計70局でした。
AJDは9エリアが残っています、でも5、7、8エリアも2or3局ずつ、DXも3局しか出来ていないのでした。
(QSLカードはまだまったく来ていません、Buroも昔はもっと早かったのに大丈夫か?)

12月中旬までは無理だと思っていた、AO-51 on 51Awardを達成できました!
大晦日の夜に外で手持ちアンテナで移動運用して、やっと51局越えという期限ぎりぎりでした。(寒かった・・・)

QSOしていただいた方、またQRM中にピックアップしてくださるOMさんにも感謝しています。

<コメント>

失敗あれこれ 2005/12/24-25

今年の総決算ということで、衛星通信での色々な失敗やトラブルをまとめてみます。実は家でも移動運用でも何回も失敗しているのでした。

<コメント>

アンテナシュミレーションを考える 2005/12/6-19

アンテナ自作へ

<コメント>

145MHz、3エレループのまとめ 2005/11/22

アンテナ自作へ

2.4GHzへの挑戦 2005/11/20

アンテナ自作へ

<コメント>

GigaSt.ver4とプリアンプ 2005/11/14

自作、リストアへ

手持ちアンテナで挑戦 2005/11/8〜

下記の様に建物の影になったり、アンテナ仰角のずれで頭上を通る衛星も有効に利用できていない事を考えてみると、
条件が良ければ手持ち八木で衛星に合わせれば、ハンディトランシーバーの5W位でも交信、出来るのではないか?と思えてきました。(測ったら4W位しか出てなかった。)

片手はアンテナを持つので、マイクとPTTを何とかしなければなりません。イヤホンよりヘッドホンの方が聞き易いし。
手持ちのパソコン用のヘッドセットにPTTをつけて繋げるように変換ケーブルを作ってみました。

運用は、首からバッテリーと無線機を置くバックをぶら下げて、頭にはヘッドセット。左手で145MHz 3ele八木+435MHz 5ele+メモ帳を抑えつつ衛星に向けて。右手にはメモ用の鉛筆、435MHzのドップラー周波数も追いかけて、送信時はPTTもと大忙しです。
10分とはいえ片手でアンテナを支えるのは疲れますが、ひねって偏波を合わせると良いようです。
(20〜30度でも違いが出るという事は直線偏波のアンテナは不利?)

結果◎4W ○10W
SO-50最初に4Wで成功!
AO-27×○×○○○東周りのパスは混んでなく通りやすいようです。
AO-51×○××○×不法電波が強く通り難い印象。東周り20度のパスのみ成功。

ARISSスクールコンタクト 2005/11/5

3日のARISSスクールコンタクトを聞きました。
最初は弱かったけど、すぐにハンディのホイップでも、S5くらいになって妨害もなくすっきり受信できました。
いいですね、宇宙飛行士さんも昨年は休みの時に時々QRVしてたようで、また出てくれないかな。

衛星通信の難しさ 2005/10/31

しばらくやってみて、やっぱり衛星通信は簡単ではないと感じる今日この頃です。

という厳しい環境で、1局も交信できずに終わるパスも良くあります。total-90QSOで41局、国内は5、8、9エリアが未だ。海外は韓国、香港の2局のみ。(少ない・・天気の良い土日は飛びに行ってるしな。)ぼちぼち出来ているという感じです。
PS.11/30 total-150QSO,50局で、5エリア&ロシアの局とも出来ました。

測定器を作ってアンテナを調整 2005/10/20

自作、リストアへ

ループアンテナを作ってみた 2005/10/2

アンテナ自作へ

やっと、ふじ3号で交信 2005/9/24

今まで、少しずつですがVO-52、AO-27、SO-50、AO-51での交信に成功したのですが、日本が上げたふじ3号(FO-29)衛星はなかなかうまく行きませんでした。
かつて日本最初のアマチュア衛星ふじ1号には私も募金しましたが、交信した事は無かったので、今回は成功させたかったのです。

ふじ3号はSSB衛星で145MHz-Up、435MHz-Downなのですが、他局は聞こえても自分のエコーがなかなか確認できません。
それでも何回もチャレンジし、たまに聞こえると計算ソフトで出した周波数と妙にずれているのです。
さらに、そのときの周波数を記録して考えているうちに気がつきました!

ドップラー周波数の計算処理をVO-52と同じにしていたのが間違いでした。
正しい式は、 Fup = F_K - Fdown - Fd_up + Fd_down
 
FupとFdownは入れ替えても同じなのですが、Fd_upとFd_downはその周波数帯を入れるのが正しくて、VO-52とFO-29では送受信の周波数帯が逆なのでドップラー周波数の効果も逆になるのが正しかったのです。ソフトはこちら、http://yoshikawa.jpn.org/main/ext/link2.htm

さっそく周波数計算ソフトを修正して、衛星が条件の良いパスを飛ぶ時を狙ってCQを出してる人を呼んでみると、QRZ!と届いている様子ですが、周波数合わせに手間取るうちに衛星を逃がしてしまいました。
しかし、次の日には別の人を呼んで無事、ふじ3号初交信に成功しました!
これで稼動中の主要な衛星を一通り出来た訳ですが、初交信から1.5ヶ月(準備期間も入れるともっと)も掛かりました。

アンテナ取り付けを工夫してみた 2005/9/22

アンテナ自作へ

エコーを確認しなければ 2005/9/19

衛星通信は同時送受信で自分の声が衛星から帰って来るのを確認するように。と大抵の入門説明には書いてあります。
しかし、自分のエコーが確認できたのは435MHz送信のVO-52のみで、他の145MHz送信のはFMもSSBも、145MHz送信時の妨害が出てしまい。微弱なエコーは聞けたものではありませんでした。

それでも、FM衛星は一波しかないので交信できていた訳です。(ごめんなさい)
でも何とかしたいと、実験してみると。それぞれの八木アンテナを145MHz水平、435MHz垂直で1mの水平ポールに離してつけるとかなり良くなる事が判りました。

しかし、何か変です。妨害を与えているのはスプリアスか?それとも145MHzの基本波か?
435MHzのリグのフィルターが十分でない、という事も考えられる。
435MHzにHPFを入れて見ることにしました。目をつけたのがデュープレクサ(アンテナ共用器)です。
本来は一本のアンテナに周波数帯が違うリグを接続する物なのですが、内部はLPF+HPFになっています。

オークションで中古品の「CF-416」を手に入れて435MHzのアンテナとリグの間に入れてみたら、大成功!
見事に妨害が無くなりました! (リグのフィルターが弱かった?)

これでFM衛星でも、自分のエコーが確認できるようになりました。

移動運用もしてみました 2005/9/17

お盆に帰省したときに、一式もって行って衛星ねらいの移動運用もしてみました。

飯田市の河川敷でアンテナはカメラ三脚に固定して、AO-27を狙ってみたら、受信も思ったより良く入りアップリンクも簡単に通って、次々と皆に呼ばれ交信できました!(呼んでくれてありがとう)
次の日もAO-27で同じように交信できました。

常設場所では、FM衛星はなかなか交信出来なかったのに、なぜ??
同じ設備だし、トーンの調子が悪い?(AO-27はトーン不要)アンテナを垂直、垂直にしたのが良かった?、受信信号も強かった気がするし?大地反射か?
謎が残りました。

周波数計算ソフトも作りました 2005/9/16

自作、リストアへ

トーンエンコーダーの製作 2005/9/14

自作、リストアへ

サテライト用アンテナを作ってみました 2005/9/8-12/7

アンテナ自作へ

このページの目次